布用スプレー
ホーム布スプレー 使い方
マービー 布スプレー 在庫処分 特価販売中   

    メーカーモデルチェンジの為、当ショップの布スプレーの販売は売切終了となります。
基本カラー12色、蛍光カラー6色、リッチラメ6色、メタリック2色の全26色です。オリジナルTシャツ、オリジナルジーンズなどあらゆる布製品に対応可能で、ステンシルには欠かせないマービー製の布スプレーです。
布スプレー 布スプレー

→  ご注文、詳細はコチラ
布スプレーでオリジナルなデザインを楽しもう
布スプレー
布スプレー カラーチャート

本格的な高圧ガス(DMEガス)入りのスプレータイプ布専用塗料です。細かい霧状の粒子 が、きれいに分散して布に定着するので、非常ににじみにくく、今まで「布用塗料では着色が難しい」と言われていたポリエステル100%の化繊の布地にも着色可能です。また、業界で初めての濃色の布への着色が出来るようになり、どなたでも簡単キレに作品作りが楽しめます。スプレーヘッドは大きくて安定感のあるデザインを採用。お子様や女性でもラクラク操作が可能です。さらに、別売りのシール式ステンシルを合わせて使うと、今までになかった新しい布ホビーの表現がどんどん広がります。


布スプレー×シール式ステンシル×スパンコール(ラインストーン)&ラメでベストを華やかに演出して・・・。
無地の衣類を用意します。その際、ポリエステル製ベストなど、あまり洗濯する必要のない生地がベターです。
無地の衣類を用意します。その際、ポリエステル製ベストなど、あまり洗濯する必要のない生地がベターです。
絵柄をつけたい箇所にシール式視点知るを貼り付け、シールの下に紙を挟み込んで、しっかりマスキングします。
絵柄をつけたい箇所にシール式視点知るを貼り付け、シールの下に紙を挟み込んで、しっかりマスキングします。
絵柄から20センチ程はなれたところから布スプレーをします。半分程度かけたところで、さらに残りは別の色をかけると自然なグラデーションになります。
絵柄から20センチ程はなれたところから布スプレーをします。半分程度かけたところで、さらに残りは別の色をかけると自然なグラデーションになります。
シール式ステンシルとマスキングをそっとはがし、絵柄を乾燥させます。その際、ドライヤー堂で感想を早めてもかまいません。
シール式ステンシルとマスキングをそっとはがし、絵柄を乾燥させます。その際、ドライヤー堂で感想を早めてもかまいません。
スパンコール(ラインストーン)やラメをつけたい場所に、マルチライナーのクリアを塗ります。
スパンコール(ラインストーン)やラメをつけたい場所に、マルチライナーのクリアを塗ります。
インクが乾く前に」、ラメやスパンコール(ラインストーン)をのせて軽く押さえます。インクが乾いたら余分なラメを払い落とし、完成です。
インクが乾く前に」、ラメやスパンコール(ラインストーン)をのせて軽く押さえます。インクが乾いたら余分なラメを払い落とし、完成です。

 

布スプレー×クラフトワークテンプレート×シール式ステンシルでオリジナルステンシルをつくってたのしもう!
クラフトワークテンプレートでノーカットタイプのステンシルに図柄を描きます。
クラフトワークテンプレートでノーカットタイプのステンシルに図柄を描きます。
さらに手書きやパソコンの書体を写して、ロゴなどを加えるとオリジナル度がアップします。
さらに手書きやパソコンの書体を写して、ロゴなどを加えるとオリジナル度がアップします。
カッターでステンシルをカットしたら、布に貼り付け、布スプレーをかけます。ステンシルをきれいにはがしたら、完成です。
カッターでステンシルをカットしたら、布に貼り付け、布スプレーをかけます。ステンシルをきれいにはがしたら、完成です。

布スプレー×自然から拾った葉っぱで染め抜き風テクニックをやってみよう。
近くの自然から、きれいな葉っぱや花をさがしてきましょう。使う葉っぱに糊スプレーを吹き付けます。
近くの自然から、きれいな葉っぱや花をさがしてきましょう。使う葉っぱに糊スプレーを吹き付けます。
エコバックなどの無地のものに葉っぱを貼付け、しっかりとおさえます。
エコバックなどの無地のものに葉っぱを貼付け、しっかりとおさえます。
葉っぱの上から布スプレーをします。あまり動かさず、スプレー跡がまるくなるように仕上げるときれいです。
葉っぱの上から布スプレーをします。あまり動かさず、スプレー跡がまるくなるように仕上げるときれいです。

お役立ち☆テクニックガイド
2色を自然なグラデーションに仕上げたいときは・・・
先に吹き付けた色の部分を新聞紙や不要なチラシなどで軽く隠しておくと境界がキレイにまざります。
1つの絵柄を別々の色に塗り分けたいときは・・・
別の色にしたい部分を新聞紙+マスキングテープなどでしっかり保護してからスプレーします。
全体に混色した色を演出したいときは・・・
色を全体に交互に吹き付けていきます。
定着性
洗濯耐性
にじみ
2度塗以上
綿(Tシャツ、デニム等)
薄い綿(シャツ、袋物等)
ポリエステル
×
×
ニット
フェルト
皮革(表面コートしてないもの)
◎・・・最適、○・・・適、△・・・場合により適さない、×・・・適さない
にじみの欄は◎・・・なし、○・・・ほぼなし、△・・・ややあり
●いずれの場合も、スプレーは少なめ・控えめに使うのがきれいに仕上がるコツです。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス